結婚するって難しい。。。

えっと、napoです。

 

結婚する、自分の結婚する人と出会って結婚するって難しいと感じる今日この頃です。

って、ちがーう!ずっと前から思っていました。

 

好きな人が出来て結婚する。。。

理想ですけど、それもとにかく100人100色ですね。

 

私は星読みなので、その観点から書きます。

 

いいところまで行くのに、壊してしまう人がいます。

なんで?せっかく相性があうし好みだし、で、お付き合いして結婚まで進みかけたじゃないの?って周りは思うし自分も思うわけです。

でもなぜか、ぶち壊してしまうのです。

 

そしてそのまま結婚しないで○年です、みたいな。

 

天王星、という星があります。

この星の表すのは、革新や革命、新しい時代、技術、自由などでしょうか。

実は、この星のいる場所や他の星との角度が悪いと、そーなってしまう確率が高くなります。

 

西洋占星術には、”ハウス”と呼ばれる部屋が12ありまして、人生のテーマを表します。

この12のうちの7つ目、7ハウスと呼ばれる部屋があります。

この7ハウスはパートナー、対人関係など、自分以外の相手がテーマになります。

 

じつはこの7ハウスに天王星がいると、結婚が難しかったり結婚しても離婚に至ったりします。

 

この天王星、実は他人といるよりも一人でいたいと思ってしまう星なのですね。自由でいたいし常に新しいことに興味を持ち続けたいのです。

 

だから、好きな人と一緒にいたい!と望んでも、心のどこかには自由でいたいから相手と少し距離を取っていたい、と思ってしまうのです。

 

相手からしてみれば、パートナーなのだから近い距離で親しく一緒に居たいと思うのに、その本人はちょっと距離を取りたいと潜在的に望んでしまったら、揉めますよね。。。

 

”なんて自分勝手なの?”、”私(俺)のこと好きじゃないのか?”

 

人生経験がまだ短いと、このあたりは許しがたいことになります。

つまり、若くして結婚しようとしても上手く行かないか、ここで踏ん張って結婚してみても”やっぱり適当な距離で自由にしたい”との思いが強くなって離婚に至りやすい。

 

じゃあどうしたらいいの?

このパターンの方の場合、相手との距離と自分の気持ち、そのバランスですね。

このバランス感覚はある程度人生経験を重ね、”この場合の気楽さや自由はあってもなくても問題ない”とか”距離が近くても大丈夫なんだな”などを学び、心が成長することが必要です。

天王星以外の星が育って、天王星をフォローできるようになったり別の星でカバーできるようになると、解決するでしょう。

 

この天王星以外の成長すべき星は、人によって異なります。

 

つまり、結婚して成長していける人と、結婚するためには先に成長する必要がある人がいるのですねぇ~。。。

 

結婚て、難しい。。。