”元気”という心のエネルギー 続く余震の中で

えっと、napoです

 

家にはテレビがないので、もっぱらyoutubeなどネットで閲覧できる動画サイトや番組を見ています。

そのうちの一つに、DHCシアターの”真相深入り 虎の門ニュース”を閲覧しています。

 

その中で、熊本の震災のニュースのとき「被災したから今何が欲しいかを聞いたら、元気、と言われました。今後はメンタル面のサポートも必要です」とのくだりがありました。

 

まだまだ大きな余震が続いています。

 

地震そのものがまだまだ落ち着かない上に、今度は雨がひどくなり、土砂災害の危険から、被災者の方々は別の場所への移動もあるとのことです。メンタルの疲労はかなりのものだろうと思います。

 

元気が欲しい、と言った被災者の方の声は、まだ安定しないこの状況下での疲れもあるのかもしれないと感じました。

 

先日も書きましたが、言葉が思考を作り人生を作るのだと。

心の中に”元気”という言葉が入って、乗り越えられるのだと信じて頂きたいと思います。

ただ、それをどうやって被災した方々に届ければ良いのでしょうか。

 

私は占い師をやっているので、言葉を届けることが大切な役割の一つだと考えています。

でも今必要なのは、言葉を送るのではなく、早く安心できる状態に身を置いて頂く事がもっとも必要で、そうした中で被災者の方自身の中から”元気”という気持ちが芽生えてくることだと思います。

 

では、出来ることはなんだろう、と考えると。

ふるさと納税で返礼を辞退する、熊本や大分、宮崎のものを購入するなどが今は良いのかなと思っています。

 

大変なときこそ、淡々と生活しながら遠くから小さな出来そうなことを探すのが良いかもしれません。

 

自分が占いが出来るからそれで被災地の方を励ますなどというおこがましいことはしない、これは鉄則にしたいと思います。

大変な天候や余震が続く中で頑張っていらっしゃる、地元の方や自衛隊や警察他、関係者の方々に迷惑のかかるようなことはしてはいけません、絶対に。

 

被害者の方々が、せめて落ち着いて身を置ける状態にまで状況が安定してくることを切に願います。

そうして、心の中に少しずつ”元気”が育ってきてほしいと思います。

 

メール占いしています

sola21.com