読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

星を読む人

えっと、napoです。

 

先日会社で、隣の席の方のチャートを昼休みにみたことを以前書きました。

で、それを聞いていた後ろの席の女性からも見てほしいと言われてみました。

今度はその時通りかかった同じ部署の男性から、みてほしいと言われました。

そうすると、向かいの席の女性から「占いできるんですか?占い師ですか?」と興味深く聴かれました。

 

一人の方をみると、なんだかそれがバイブレーションのようにだんだんと周りに広がって行き話が広がるのがちょっと面白かったです。

 

そして簡単に鑑定すると、「napo(本名)さん、星が読めるんですね。何の記号か私にはさっぱり分かりませんが、面白いですね。すごい、当たってます」

 

以前にも少し書きましたが、雑誌の占いは、この占星術の”太陽”のみです。そして”○○座の今月の運勢”と書いてあって”当たってない!”と言う方が大半だったりします。

毎日の占いは”月”の動きのみを見ています。

1年の占いは”木星”と”土星”です。

 

ホントに細かく見ようとすると。。。

12星座 × 12ハウス × 4元素 × 3区分 × 2要素 × 14惑星 × 代表的なアスペクト10 と、それらが絡み合う関係性。※14惑星の中に感受点も含んでいます。

うーん、考えるとめまいが。。。

 

12星座は、ご存知、星占いで言われる牡羊座、牡牛座、、、、というものですね。

12ハウスは12のテーマです(以前書いたので省略)。

4元素って?火・水・土・風 と12星座のそれぞれを当てはめていきます。

牡羊座は火、牡牛座は土、双子座は風、蟹座は水。。。とそんな感じ。

3区分って?活動宮、不動宮、柔軟宮とありこれも12星座を当てはめていきます。

牡羊座は活動宮、牡牛座は不動宮、双子座は柔軟宮。。。

2要素は?これは男と女で12星座を当てはめます。

牡羊座は男、牡牛座は女。。。全て順番に当てはめていきます。

 

チャートは円であるから角度(アスペクト)があってそれも見ているわけで、すごいな。。。

 

一人の人間の中にどれだけ複雑な要素があるのかを示してますね。

 

星読みの人、と言っていただけるのですが、とてもとても読み切れません。

あまりに深くて多用で、その上チャートを見てイメージして占い師自身が”感じる”こととそれを表現することを別途要求されるわけですから。

 

少しでも多くの方の星を見て、勉強して感性磨いて。。。

 

星を読む人、そして一生をかけて、ゆっくりとやっていきます。

 

こちらでメール占いやってます^^

sola21.com