読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

当たる占い師とは

えっと、napoです。

 

時々、当たる占い師を教えてください、という質問を知恵袋などで見ます。

 

では、当たる占い師ってどんな占い師なのでしょうか。

 

電話占いだったら、ここは良心的な値段でやっていますね。所属している占い師も多いし。占い師の顔写真が記載されているし(顔写真があるところの方が良いと思います)。

http://www.qole.com/


私自身、西洋占星術とタロット占いやりますが、大事なのはまず質問の仕方です。

本当のことを素直に質問しないと、カードも正しく結果を出してくれませんので。

 

ある程度占いをやっている方なら、比較的当たると思います。

 

不思議ですが、ある方を占ってカードを見て頭に浮かんだことを伝えたら、”他の占い師さんにも同じことを言われました”と言われたり、2回に分けて占ったときに、78枚のカードでたった2枚を引くだけなのに、現状を示すカードが同じものが出たり(2回目は現状からアドバイスカードを引いた)。

 

霊感のあるなしではなく、カードを引いて答えを考えているうちに、表示されたカード(複数のカードの場合はカードの並び)を見て、読めるようにというか感じるようになって来ます。

 

占いの的中率は、占い師によって大きく変わりますが、少なくとも下記のようなことが大切かなと考えています。

 

1.占い師自身が精神的に安定していること

  精神的に不安定だと、出てくる占い結果そのものがとんちんかんになる。

2.占い師の疲労が少ないこと

  疲れていると集中力が弱くなるため、占い結果を正しく読み取れない恐れがある。

3.モノの考え方がフラットなこと

  偏見やこだわりがあると、例えば不倫はダメ!のようなことですが、そうすると占い結果を正しく読めず、本来の結果も原因もアドバイスも歪んでしまう。

5.幅広い知識や教養を持ち、人生経験をしていること。

  得意不得意もあるが、例えば仕事のことを見た場合でも、占い師以外の仕事の経験やどんな職種があるかなどを知らないと、アドバイスカードを上手く読めなかったり、本を読むなどしていないと、結果を上手く表現できない。

6.相性

  命占(西洋占星術、算命学、四柱推命など)は相性というよりも占い師の力量によるところが大きいが、卜占(タロット、易)、インスピレーションは相性に左右される。

 

そんなこと言われても、分かりません!ですよね。

じゃあ、どうやって選ぶの?と言われると思います。

 

占いは感覚なので、占い師の写真が記載されているところで、感覚で自分がこの人に鑑定してもらおうと思ったら鑑定してもらえばよいと思います。

その時、話をした感じが良ければ当たると思いますし、少しでも嫌な印象(ニュアンス、言葉遣いなど)だったら合ってないのですぐやめる、くらいかなと思います。

 

つまりは、占い師に占ってもらう前に、一度問い合わせてみるとか話してみるとか、した方がいいでしょう。

 

お互い、人間ですので。

 

↓ちなみに、私はこちらでメール占いやっております^^

sola21.com