読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

土星と上手くお付き合いしたい -西洋占星術-

えっと、napo@Mです

土星


西洋占星術では、制限や束縛を示します。ホロスコープを1周するのに29年かかることから、時の神クロノスが例えられました。
対応する物質は鉛で、錆びていくことから重苦しく老いる象徴とも。

 

試練と義務を要求し、まるで星飛馬(巨人の星梶原一騎作)のギブスのよう。。。

 

私のホロスコープは、太陽と土星がトラインです。コツコツと努力し責任感もあり人生に出会う困難に誠実にアプローチし人生の後半には成功がもたらされると言われます。

 

でも。

 

この土星がおうし座にあります。

おうし座はコツコツ努力が出来るはずなのに、でもそれを苦手とするという矛盾があります。

 

実は、コツコツ努力は苦手です。


もっと言うと、ゴールの時期などはっきりしているものには持続した努力をしますが、長いスパンの努力というものが出来ません(汗)

 

土星は、ある程度年齢がいってくるとその力を発揮してくれるそうです。そろそろそういう年齢にさしかかりつつあります(笑)
ということは、これは使わなくては。

 

現在、問答無用でコツコツやらなくてはいけないことに直面しております。
それは。。。


毎日少しでいいからピアノを弾くこと。


先生から「人間は忘れるので、休みの日にたくさん弾くよりも毎日少しずつでいいから弾く方がよい」とのことで、ジャズピアノのコードを叩いています。

 

コードはその音が鳴ってさえいればよい、と言うわけではなく、演奏をスムーズに行うためのポジションがあります。

それを、少しずつでもやって、体に覚えてもらうのです。

 

コツコツの作業、土星っぽいです。

 

星は使うと喜ぶのだそうです。

 

なにより、自分でピアノで(※)ジャムセッション(JAZZ)に参加するんだと目標を立てたので(トランペットもやってまして、普段はトランペットで参加)、自分の中にあるはず!の根気を出してがんばるぞ!

 

※ジャズの場合のジャムセッションとは、メロディにコードが書いてある譜面を持って、もしくはジャズのスタンダードとしてジャズメンにはおなじみの曲を、その場で演奏することです。

 

↓こちらで占いやってます!

sola21.com