読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タロットカード 女教皇さんに怒られた?話

えっと、napoです。

 

少し前になりますが。

 

えー、お恥ずかしながらわたくし、クルマってバイパスとかうっかりスピードを出してしまう人間でして。。。

 

当時は静岡県におりまして(現在は神奈川県在住)、どこに行くにもクルマで移動する生活でした。

鉄道はJR東海道線と、ところどころ短い私鉄があるだけですしバスも場所によってはほんとうにないためマイカー生活であります。

ちなみに現在はクルマは所有しておりません。

 

一部集中する道路を除き、夜も11時を過ぎると走るクルマの数は本当に減ります。

そのうえ、走っていた道が下り坂でした。

そしてそして。。。気が付くとメーターは90キロを指していて、そしてふと頭上を何かが光った!気がしたのです。

 

この辺、あやしげなハコってなかったはずだけど(汗)

オービスのことです)

 

家に着くなりタロットカードをめくってみました。

 

教皇のカードでした。正位置です。

(タロットカードはライダー版を使用しています)

 

取り敢えずは大丈夫だと言ってくれましたが、なーんか、怒られてる?

顔が怖いし、というか冷たいし。。。

 

このカードは女性原理を象徴するカードです。

よく見るとBとJの柱、黒と白、男と女、光と闇、と二つの対立原理が均衡を保ち緊張感を出しています。

そして彼女は正面を見ていますが、それは当事者本人に関与し、同時に妥協の余地もないことも示します。

そして、冷静沈着でクール、知的な女性です。

無意識や直感、神秘性、品行方正などを指します。

 

「あなたは何をしたの?自分の直感が良くないことをしたといっているでしょう。反省なさい。でも今回のことは大きな困ったことにはならないわ」

 

と語り掛けられたかのようでした。

 

おっしゃる通り、特にその後困った事態にはなりませんでした。

 

困ったときのタロットカード頼み、のはずだけど怒られてしまうこの現状。

なかなか、手厳しいですな。。。